壊れては買い替えを検討し、購入する家電類ですが、ビデオカメラはそのリストから外れることとなりました。

知っ得ガイド 家電のことがよくわかるサイト

買い替えしてきた家電の中で、ビデオカメラはリストから外れる

壊れたり、不都合を感じたりした時に、買い替えを検討し購入したりする家電類ですが、我が家でそのリストの中から外れることとなったものは、ビデオカメラです。その理由に性能のよい一眼レフカメラの存在があります。

ビデオカメラは、最初の子供が生まれたと同時に購入しました。その時テープ型とDVD型と迷いましたが、データが半永久的ということで、管理はしずらいですがテープ型のビデオカメラを購入しました。それからというもの、子供の成長をビデオカメラで録画はしましたがほとんど整理もせず、ただただ録画を重ねていくこととなりました。そして6年たった頃、画面が急に真っ暗になり録画できなくなりました。

子供の卒園式も迫っていたので、普通ならすぐに買い替えとなるのですが、夫婦ともあまり気乗りはしませんでした。というのも、その少し前に一眼レフカメラを購入したばかりだったからです。その画像の良さに驚き、しかもその画像のまま、ある程度の録画ができたのです。また、それまでの子供の行事の際のビデオの存在意義にも疑問がありました。ビデオを撮りながら、カメラを撮る、実物の本人を見る暇もなく、大変さの方が勝っていたように思うからです。一眼レフですと、カメラ一台で写真とビデオが切り替えられますし、夫婦でそれで十分ではないかという結論に達したのです。それからはビデオカメラは家電の買い替えリストから外れました。ビデオカメラが壊れてから一年経ちますが、なくて後悔したことは一度もありません。

注目のキーワード



Copyright(c) 2017 知っ得ガイド 家電のことがよくわかるサイト All Rights Reserved.